肌の年齢別にある行なうべきスキンケアとは?

肌のトラブルの悩みは、年齢別によって異なりますよね。なぜなら、年齢を増すごとに肌質や状態が変化していくからです。ですから、若い時のスキンケア方法をそのまま行っていくのはきれいな肌を保つためにはあまりよくありません。そこで、年齢別に行うべきスキンケア方法を紹介していきます。
まず、10代の思春期の頃には、新陳代謝が活発になっていますので、それによって肌トラブルが起こってしまいます。10代で多い悩みは、ニキビでしょう。ニキビを防ぐためには、肌を清潔に保つことが必要になります。寝具を頻繁に変えるなどして清潔に保ったり、洗顔を怠らないようにすることが重要です。
20代の場合には、10代の頃よりも代謝が落ちてしまいますので、10代とは異なるスキンケア方法を行わなくてはなりません。皮脂分泌は落ち着いてきますが、大人ニキビや乾燥に悩まされてしまいます。ですから、保湿を十分に行うようにすることがよいスキンケア方法になります。20代の場合には、まだ肌が丈夫だと油断してしまいますが、スキンケアを怠ってしまうと、30代になってから老化の原因になってしまったり、トラブルを起こしてしまいますので、気をつけるようにしましょう。
30代は、お肌の曲がり角と言われているように、ホルモンバランスが崩れたり、トラブルが起こりやすい年齢です。30代以降では、より乾燥に気をつけて、保湿を十分に行うようにしましょう。また、基礎化粧品の他に、部分別に効果を発揮するような化粧品を使うこともよい方法になるでしょう。
このように、年齢別に行うスキンケア方法は異なってきますので、そのことを踏まえて日々のスキンケアを怠らないようにしましょう。
▼肌に現れるニキビにはこのお薬が有効です
スキノレンクリーム

トップページへ